医療資格があれば安定して仕事を得られます

医療資格があれば安定して仕事を得られます

医療資格の一つ医師資格と看護師

医療資格とは医療に従事する為に必要な資格で、代表的なのはやはり医師国家資格と看護師の資格だと言うことが出来ます。まず医師国家資格の修得方法から簡単に説明すると、試験は毎年2月頃に実施され、それを受けることが出来るのは医学部の最終学年である6年で、卒業試験に合格できると見込まれている者限定となります。テストの合格率は90パーセントと国家資格の中では高めですが、その前に医学部に入るのが難関ですし、6年に進学できたものということになるのでやはり狭き門ということが出来るでしょう。医師国家資格を修得したら研修医となり実際に病院での研修となります。研修医は手当ても低く労働時間は長いとかなり苦しいものといわれています。

それでは次に看護師の資格の取得について説明したいと思います。こちらも国家資格で看護大学で4年勉強することで看護師の国家資格の受験資格を得ることが出来ます。元々看護婦と言われていましたが、男女雇用期間平等法により看護師と名前を変えて徐々に男性の看護師も増えてきていますが、それでも圧倒的に女性が多いのが現状です。夜勤があり、人の生死に関わる職場なので精神的な負荷も大きいと言えますが、年収は500万円くらいで女性の仕事としてはかなり高い方だと言えますし、資格があれば出産後、子育てが落ち着いてから仕事復帰がしやすい一生モノの資格だと言えます。

お薦めサイト

Copyright 2017 医療資格があれば安定して仕事を得られます All Rights Reserved.